圧倒亭グランパのブログ

30年後の自分にもわかるように書くブログ

技術書典6終了後メモ

技術書典6、お疲れ様でした! 今回も大盛況でとても楽しかったです。

終了して記憶がおぼろげにならない内に、半年後の自分に向けての箇条書きメモです。

目次

 

頒布物紹介

f:id:at_grandpa:20190411205810p:plain:w400

レビューをお願いしてよかった

  • 構成案の段階でレビューを依頼
    • GoogleDocsにて箇条書きで各章の内容を書いて共有
    • コメントを書いていただく
  • 鋭い指摘をいただけたり、言葉の定義の曖昧さを指摘していただけた
  • ただ、もう少し余裕を持ってお願いするべきだった
  • 次回はPDF版でレビューをお願いできる余裕を持ちたい
  • 関係者の皆様、本当にありがとうございました

もうちょっと早めに早めに動くべきだった

  • 毎回言ってる
  • ねこのしっぽさんの「116P以上最終締切」までに書き切ろうと思ったが、その日付の時点で「ガーッと書き切ったけど未推敲」という状態だった
    • ページ数は118pくらいだった
  • この状態で出せないと判断し、もう一週間で推敲する決意&116p以内に収めないとダメという制約が発生
  • そこから一週間は推敲&ダイエット
  • 最終的に慌てずに入稿できた
    • 前回よりは進化した(前回は大慌てだった)

委託文化がもっと広がると良い

  • 事前のイベントやTwitterなどでいろんな方と話していると、「落選したけど委託で販売できた」というケースを多く見た
  • この流れがないと「その本が世に出なかった」
  • これを考えると、委託の流れはもっと広がると良いなーと思った
  • 委託による交流も生まれる

ワンオペの辛さを改めて実感した

  • 今回はワンオペではなかった(急遽売り子をしてくださった知人の方が!感謝感謝です🙏)
  • ちなみに前回はワンオペだった
  • ワンオペではない今回の体験を持って「ワンオペやばい」を再認識した
  • 「休憩できる」ってほんと大事
    • 途中、体調悪かったので本当に助かりました
  • 「列整理」「支払い対応」「在庫を箱から出す」などなど、これを並列で一人で全部とか無理
  • 頒布状況の改善案を出せる余裕ができる
    • 先にDLカードを本に挟んでおくとか、机の上の配置はこっちのほうが良いよねとか、お釣り出しやすいように5000円札だけ別にするとか
    • ひとりでやってたら、会期中に改善する余裕はない

高速頒布テクニックが知りたい

  • 開始から10分くらいでブース前に行列が(ありがとうございます🙏ありがとうございます🙏)
  • こちらの捌き次第で列の消化が決まる
  • ひたすら頒布したけど、滞る場面がいくつかあった
    • 以下の2点
      • かんたん後払いのQR読み取りに時間がかかる
      • 見本誌を見たい方と会計したい方の入り乱れ
  • 改善提案
    • 高いポスターを掲げるのではなく、高い位置にかんたん後払いのQRをデカデカと掲げて、遠くからでも決済できるようにしたら良かったかもしれない
      • そうすれば、レジ前に来たときには確認画面のチェックだけでok
    • 各サークルの島の間に、近隣のサークルの立ち読み場があると良さそう
      • 読み手も「ブースの前で読む」という若干のプレッシャーを回避できる
      • 売り手としても、会計の人の割合が高くなり、頒布しやすくなる
      • 立ち読み後、サッと近くのブースへ買いにいける

現地割引は効果があったと思う

  • 売り手側の戦略の話になってしまうが、一定の効果はあったと思う
  • 現地のみ、2冊セットは500円引き、3冊セットは1000円引き
  • かんたん後払いのために、マイページの頒布情報で、全パターンの頒布情報を記載した
    • 「赤&緑2500円」「赤&青2000円」など、全パターンを登録
      • セットもアプリで選べるようになる
    • DLCもzipで固めて、全パターンアップロードした
  • 最初は頒布オペレーションで戸惑いがあったが、すぐに慣れたので問題なかった
  • 前回の技術書典5でも思ったが、セット購入してくださる方が思ったより多い
    • ありがとうございます🙏

高く掲げるのは効果アリ

  • 中盤から後半にかけて、スキがあれば本を頭上に高く掲げた
  • やはり、1秒でもちらっと見てくださる方が多い
  • 結果、掲げたときと掲げないときでは、(肌感ではあるが)掲げたほうが購入頻度が多かった
  • 一瞬でも目に留まってくださるのはありがたいし、一定の効果はありそう

エゴサ絶対するよね

  • 戦利品ツイート、本当に嬉しいです
  • 書籍名を入れての感想ツイート、鼻血が出ます
  • 本の内容についての質問、失神します
  • こうやって盛り上がりが循環して、技術書典自体が盛り上がっていくのは本当に良い流れだと思う
  • 次回も書きたくなるよね

シリーズ化の強み

  • 最初から意図したわけではないが、シリーズ化することでいろいろ恩恵があることがわかった

  • マゴのファンの方のツイートをみて、イラストレーターさんにも伝えて、二人でめちゃくちゃ喜んでました

まとめ

次回、上記で改善できそうな部分は改善していこうと思います。 他の方の後日ブログも見て、いろいろ吸収していこうと思います。

次回

第4弾はDBをテーマに考えています。

何卒よろしくお願いします。

技術書典6で「におうコードの問題集〜ソフトウェア設計に立ち向かう編〜」を頒布します

「におうコードの問題集シリーズ」の第三作目は「ソフトウェア設計に立ち向かう編」です。 問題集形式でソフトウェア設計について学ぶことができます。

f:id:at_grandpa:20190411215455p:plain:w300

また、委託で「Introducing Crystal Programming Language」も頒布します。 Crystal言語の入門本です。

f:id:at_grandpa:20190411215535p:plain:w300

共に「く06」でお待ちしています。

techbookfest.org

 

続きを読む

技術書典6に向けての Re:VIEW+CSS組版 環境構築

前回の技術書典5では、Re:VIEW+CSS組版にチャレンジしました。

at-grandpa.hatenablog.jp

今回もこの構成で行こうと思っていますが、docker周りが複雑で分かりづらかったのと、自分のリポジトリとして公開してもいいかなと思ったので取り組みました。また、Re:VIEWがちょうど3.0.0になったので、良い機会だと思いました。

 

目次

  • 目次
  • リポジトリ
  • 説明書PDF
  • 執筆の流れ
  • フィードバックをお待ちしています
  • 技術書典6に向けて
続きを読む

「依存性逆転の原則」の自分なりの解釈

「依存性逆転の原則(DIPDependency Inversion Principle)」に関して考える機会があり、自分なりに言語化できそうなのでまとめます。ご指摘は大歓迎です。

目次

  • 目次
  • TL;DR
  • 考えるきっかけ
  • 具体例から紐解いていく
    • べた書きのモジュールA
    • モジュール分割による依存性の出現
    • モジュールの安定性
    • 安定依存の原則 (SDP: Stable Dependencies Principle)
    • 間違った「依存方向の逆転」
    • DIPに基づいた「依存方向の逆転」
  • まとめ

 

TL;DR

  • より安定したモジュールの方向へ依存するよう設計し、ソフトウェアの安定性を高めることが重要
  • 不安定なモジュールが 依存されている と修正範囲が大きくなるため、 依存されない ようにしたい。そのために、依存方向を逆転させたい
  • DIPは「モジュールへの依存方向は逆転可能」ということを示し、「その方法」を解説している
続きを読む

プログラミング言語 Crystal の解説書同人誌「Introducing Crystal Programming Language」

この記事は Crystal Advent Calendar 2018 の15日目を埋める記事です。

Crystal言語を触ってみたい方に、技術書典5で頒布された同人誌「Introducing Crystal Programming Language」をおすすめします。日本語で書かれており、Crystalの基本的な文章から開発方法まで網羅しています。

crystal-jp.github.io

トップページの説明を抜粋します。

Crystal の基本的な文法から Web アプリーケション・ CLI 開発の方法まで解説したこの一冊があれば、Crystal での開発を今日から初めることができるでしょう。

Web上でも閲覧できますし、PDF版もダウンロードできます。Crystalに興味のある方はぜひご参考にしてください!

Crystalの自作CLIビルダーライブラリを使ってgitコマンド風のCLIツールを作ってみる

この記事は Crystal Advent Calendar 2018 の3日目の記事です。

 

自作のCrystalのCLIビルダーライブラリをアップデートしたので、AdventCalendarに便乗して紹介します。

githubは以下です。 clim と言います。簡潔に、直感的にCLIツールを書けることを目指しています。

github.com

過去に紹介したブログ記事はこちらです。

at-grandpa.hatenablog.jp

この記事が古くなったのでupdate記事です。

 

目次

  • 目次
  • gitコマンドっぽいものを作ってみる
    • 前準備
    • versionを表示する
    • helpを充実させる
    • オプションを追加する
    • サブコマンドを定義する
    • 全コード
  • その他の機能
  • たまにupdateします
続きを読む

技術書典5でチャレンジしたこと・うれしかったこと

おつかれさまでしたー!めちゃくちゃ楽しかったですね!

次回に向けてのメモと感想を書いていきます。ブログを書くまでが技術書典。

  • まとめたスライド
  • うれしかったこと
  • 「何事も早めに」
  • 締切駆動開発
  • Re:VIEW+CSS組版
  • ワンオペ
  • 印刷部数
  • 被チェック数の意味とは
  • 当日までの準備や運用
  • 初参加80部完売現象
  • みなさんとお会いできる
  • まだまだ続く技術書典
続きを読む

【技術書典5】執筆から入稿までをちょっとまとめておく

長かったーーーーー。

無事、入稿が終わって 10/08 には物理本を頒布できます。

台風25号さんには来場をご遠慮願いたいです。(来たら来たで「やっぱり技術書典だな」となりますが)

目次

  • 目次
  • 頒布情報
  • 締切駆動開発
  • Re:VIEW+CSS組版
  • 印刷部数
  • ちょっとしたこだわり
  • 楽しみましょう!
続きを読む

Re:VIEW+CSS組版の執筆環境を簡単に構築できるようにしました

【追記(2019/02/10 9:53)】

現在開いているこの記事は技術書典5に向けての記事です。 技術書典6に向けての最新記事は以下をご参照ください。 使いやすくなったり、Re:VIEWなどのバージョンが更新されています。

at-grandpa.hatenablog.jp

【追記おわり】

Re:VIEW+CSS組版の環境は、わかめさんの vvakame/review-css-typesetting で整いつつあります。今回は、個人的に欲しい機能を追加した、という話です。いい感じに回っているのでブログにまとめることにしました。

 

目次

  • 目次
  • Re:VIEWとは
  • CSS組版とは
  • Re:VIEW+CSS組版
  • 環境構築
    • 使い方
    • やってること
  • デザインの変更
    • CSSを編集する
    • htmlを編集する
  • 完成したPDFは印刷所で印刷可能か(確認完了)
  • まとめ
続きを読む