圧倒亭グランパのブログ

30年後の自分にもわかるように書くブログ

技術書典5でチャレンジしたこと・うれしかったこと

おつかれさまでしたー!めちゃくちゃ楽しかったですね! #技術書典 撤収完了しました一般参加、サークル参加のみなさまご来場ありがとうごさいましたまた来年、春の技術書典6でお会いしましょう pic.twitter.com/CPXL5UuY06— mhidakaあ11@技術書典5 (@mhidak…

【技術書典5】執筆から入稿までをちょっとまとめておく

長かったーーーーー。 無事、入稿が終わって 10/08 には物理本を頒布できます。 入稿完了したあああああ 当日頒布できます!前回の「におうコードの問題集」(84ページ/1000円)から大幅パワーアップして、今回は倍の160ページ/1500円です!新刊&既刊の同時…

Re:VIEW+CSS組版の執筆環境を簡単に構築できるようにしました

Re:VIEW+CSS組版の環境は、わかめさんの vvakame/review-css-typesetting で整いつつあります。今回は、個人的に欲しい機能を追加した、という話です。いい感じに回っているのでブログにまとめることにしました。 目次 目次 Re:VIEWとは CSS組版とは Re:VIEW…

crystal.tokyo #7 で Concurrency について話しました

2018/07/18 に crystal.tokyo #7 を開催しました。 crystal.connpass.com 前回の「Crystal勉強会」から名称を変えて「crystal.tokyo」としました。 crystal-jp.slack.com でご意見を募ったところ、「crystal.tokyo」が一番票を得たので変更しました。「登壇…

Crystal 勉強会#6を開催しました!

2018/06/21 に行われた Crystal 勉強会が大変楽しかったのでレポートです。 crystal.connpass.com 目次 目次 開催経緯 全体の流れ Crystal in production LT Crystalでツールを作ってみた Crystalに再びRailsの夢を見る Amber編 Macroについて Rubyのライブ…

どういった学習プロセスを辿ると技術力が身につくのか

この疑問は、以前から興味がありました。過去の記事でも少し触れています。 at-grandpa.hatenablog.jp 今回は、今までの自分の経験と、この疑問を考え続けた結果から、あるひとつのプロセスが浮かび上がってきたのでまとめます。

#技術書典4 のサークル参加詳細レポートと考察

昨日の 技術書典4 にて初めてのサークル参加をしたので、その経緯から終了までを、半年後の自分に向けてメモします。 頒布情報などは、ブログに記載してあります。 at-grandpa.hatenablog.jp Twitterなどにもつぶやいています。 #技術書典 #技術書典4 「く12…

#技術書典4 にて「におうコードの問題集」を頒布します

#技術書典 #技術書典4 にて「におうコードの問題集」を頒布します。におうコードを嗅ぎ分けるトレーニングと修正方法を書きました。グランパとマゴと一緒に楽しくトレーニングできるようにしました。@konosumi さんと合同で「く-12」です。初頒布は緊張しま…

日付リストを簡単に表示するCLIツールを作った

dast というCLIツールを作りました。 github.com

Crystal言語用のCLIビルダーライブラリを、より使いやすくアップデートしました

Versionは 0.2.0 になります。 github.com 前回紹介した記事はこちらです。 at-grandpa.hatenablog.jp アップデート内容は「オプションの型が一意に決まるようにした」です。

自分の行動原理を紐解くと面白かった

日々、githubのissueにその日の振り返りを書いているのですが、その時「なぜ自分はそのような行動を取ったのか」という疑問が生まれました。そこから連動して「自分の行動原理ってなんだろう」と思ったので、いろいろと深掘ってみました。 自分の行動原理を…

テスト駆動開発の勘違いを見直す

「新訳版 テスト駆動開発」を読み終わり、テスト駆動開発(以下、TDD)について考え方が変わったのでまとめます。 テスト駆動開発posted with ヨメレバKent Beck オーム社 2017-10-14 AmazonKindle

「技術」は「課題」とセットで学ぶ

当たり前のことかもしれませんが、ふと忘れがちになってしまうので自戒も込めて記します。 TL;DR 技術の仕組みだけを勉強するのではなく、その技術が解決しようとしている「課題」も意識すると身につきやすい 身についた技術と身につかない技術がある ふと思…

2018年の自分ルール

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 みなさんの新年の抱負ブログを読んで、自分も書きたくなったので書きます。1年後の自分へのメッセージ。

Crystalのsyntax紹介 "abstract class"

この記事は、 Crystal Advent Calendar 2017 の22日目を埋める記事です。 crystalには、痒いところに手が届く構文があります。 今回は abstract class を紹介します。

Crystalのsyntax紹介 "block の Short one-argument syntax"

この記事は、 Crystal Advent Calendar 2017 の21日目を埋める記事です。 crystalには、痒いところに手が届く構文があります。 今回は block の Short one-argument syntax を紹介します。

Crystalのcli紹介 "tool implementations"

この記事は、 Crystal Advent Calendar 2017 の16日目の記事です。 crystalのcliには便利なサブコマンドやオプションがあります。コーディングを支えるものだったり、build時の細かな設定だったりします。知っていると得をする、だけど知らない人も多いかも…

Crystalのcli紹介 "tool context"

この記事は、 Crystal Advent Calendar 2017 の15日目の記事です。 crystalのcliには便利なサブコマンドやオプションがあります。コーディングを支えるものだったり、build時の細かな設定だったりします。知っていると得をする、だけど知らない人も多いかも…

Crystalのcli紹介 "tool hierarchy"

この記事は、 Crystal Advent Calendar 2017 の14日目の記事です。 crystalのcliには便利なサブコマンドやオプションがあります。コーディングを支えるものだったり、build時の細かな設定だったりします。知っていると得をする、だけど知らない人も多いかも…

Crystalのcli紹介 "tool expand"

この記事は、 Crystal Advent Calendar 2017 の13日目の記事です。 crystalのcliには便利なサブコマンドやオプションがあります。コーディングを支えるものだったり、build時の細かな設定だったりします。知っていると得をする、だけど知らない人も多いかも…

Crystalのmacro紹介 "parallel"

この記事は、 Crystal Advent Calendar 2017 の9日目の記事です。 crystalには便利なmacroがあります。macroを使えば、記述量も削減でき表現力も向上します。しかし、ただcrystalを書いているだけでは、なかなかそれらのmacroに出会うことができません。 と…

Crystalのmacro紹介 "YAML/mapping", "JSON/mapping"

この記事は、 Crystal Advent Calendar 2017 の8日目の記事です。 crystalには便利なmacroがあります。macroを使えば、記述量も削減でき表現力も向上します。しかし、ただcrystalを書いているだけでは、なかなかそれらのmacroに出会うことができません。 と…

Crystalのmacro紹介 "delegate"

この記事は、 Crystal Advent Calendar 2017 の7日目の記事です。 crystalには便利なmacroがあります。macroを使えば、記述量も削減でき表現力も向上します。しかし、ただcrystalを書いているだけでは、なかなかそれらのmacroに出会うことができません。 と…

Crystalのmacro紹介 "def_equals"

この記事は、 Crystal Advent Calendar 2017 の6日目の記事です。 crystalには便利なmacroがあります。macroを使えば、記述量も削減でき表現力も向上します。しかし、ただcrystalを書いているだけでは、なかなかそれらのmacroに出会うことができません。 と…

Crystalのmacro紹介 "record"

この記事は、 Crystal Advent Calendar 2017 の5日目の記事です。 crystalには便利なmacroがあります。macroを使えば、記述量も削減でき表現力も向上します。しかし、ただcrystalを書いているだけでは、なかなかそれらのmacroに出会うことができません。 と…

Crystal 勉強会 #5 in 渋谷 を開催しました

この記事は、 Crystal Advent Calendar 2017 の1日目の記事です。 11/30日に Crystal 勉強会 #5 in 渋谷 を開催させていただきました。 crystal.connpass.com #4の開催からちょうど1年というタイミングでした。今回は「わいわいガヤガヤとピザと酒をくらい…

「共同開発環境」によって変化しそうなものを妄想してみた

最近は、TDDやペアプロに興味があります。それらにとって「共同開発環境」がどう影響するかを妄想してみました。 目次 目次 共同開発環境 共同開発環境によって変化しそうなもの テストの価値が上がりそう ペアプロの変化 並列プログラミングと似ている「並…

テスト駆動開発は「治具を使いこなす」ようなもの

前回に続き、@t_wadaさん翻訳の「新訳版 テスト駆動開発」を読み、思ったことについて書きます。 テスト駆動開発posted with ヨメレバKent Beck オーム社 2017-10-14 AmazonKindle 前回は、この本の読み進め方について書きました。 at-grandpa.hatenablog.jp…

技術本を読む時にリポジトリを作る

@t_wadaさん翻訳の「新訳版 テスト駆動開発」の第Ⅰ部を終えました。 テスト駆動開発posted with ヨメレバKent Beck オーム社 2017-10-14 AmazonKindle この本を読むにあたってgitリポジトリを作って読み進めたので、その方法を記しておきます。

ISUCON7の予選に落ちて悔しいので、徹底的に復習するためのDocker環境を構築しました

俺のISUCONはこれからだ...!(予選は敗退しています) ISUCON7お疲れ様でした!「楽しい・勉強になる・交流が深まる」の三拍子揃ったイベントを開催していてだき、運営の方々、関係者の方々、本当にありがとうございました。 毎年思うのは、「普段やってな…